メインコンテンツに移動

レティシア・カスタは、スーパーモデルとしての成功から、ファッション界ですでに開かれた道を順風満帆にたどることもできたはずでした。

しかし、型にはまらないポジションに立ち、自分の感情を表現するという目標に向かい、彼女は誰も予想だにしなかった方向へ進みました。演劇と映画でアーティストとしての能力を発揮したいと決めたのです。

テレビシリーズの「青い自転車」にスポット出演した後、レティシアはますます難しい役柄に取り組み続けました(ラウル・ルイスの「Savage Souls」、パスカル・トーマスの「Le Grand Apartment」、ジョアン・スファールの「ゲンズナブールと女たち」、そして最近ではオドレイ・ダナの「Very Bad Girls」)。

舞台では、ジャック・ウェベールが演出するオンディーヌ役を演じ、またフローリアン・ゼレールの作品である「She is waiting for you」では主役を演じました。

このような彼女のバックグラウンドは、クリエイティビティを人生の中心に据えた、アーティストの精神をそのまま反映しています。

 

orange