メインコンテンツに移動

ニック・イードは高い評価を受け数々の受賞歴のある、メディア&コミュニケーション・コンサルタントです。ロンドンを本拠地として、数多くの世界的なブランドの代理人を務めています。

スコットランドのエジンバラで育ったニックは、グラスゴー・スクール・オブ・アーツで美術を、そしてリーズ大学で英語と演劇を学びました。8年間にわたって彼はアポロレジャー、アメリカンエクスプレス、ザ・テレグラフ・ニューズペーパーなどのブランドのマーケティング戦略を手掛け、ラストミニット・ドット・コムにエンターテイメント部門を創設しました。コミュニケーション分野でのキャリアが確立したため、Eden Cancanを創設。すぐにより多くのブランドで「頼りにされる人物」となっています。またファッション、ライフスタイル、ブランドなどのテーマにおけるテレビのコメンテーターとしても人気です。

2013年、女優であり活動家であるエヴァ・ロンゴリアの依頼で「グローバル・ギフト・ガラ」のグローバル・コミュニケーション・ディレクターに就任。このガラはパリ、カンヌ、マルベッラ、ドバイ、ロサンゼルス、ニューヨークでチャリティ興行を主催しています。

近年、ニックはチャリティ活動の代理店として「East of Eden」を設立しました。この会社はThe Diana Award、Rwanga Foundation、ピンクリボン財団、WE Day、BBCの「チルドレン・イン・ニーズ」、そしてmothers2mothersなどのプロジェクトを担当しています。彼はまた英国で最も有名なイニシアチブの1つとなったチャリティ「Style For Stroke」も設立しました。

そのチャリティへの取り組みが評価されて、2013年にはスコットランド年間最優秀コミュニケーターに選ばれ、さらにロンドン・ライフスタイル・アワードで年間最優秀パーソナリティも受賞しました。また、最近ではロンドンでのグローバル・ギフト・ガラでヴィクトリア・ベッカムとエヴァ・ロンゴリアに、フィランソロピーでの取り組みで表彰を受けています。2015年9月には、スコットランド・ファッションアワードでファッション・フィランソロピスト・アワードを受賞しています。

 

orange