calendarclockdisplayeurstatsuservideo-camera
メインコンテンツに移動

ラ・メゾン・コアントロー2018 Japan Final開催!

2018年9月13日(木)、天王洲TMMT(東京都品川区)にて、バーテンディング・チャレンジ「La Maison Cointreau Japan 2018(ラ・メゾン・コアントロージャパン2018)」を開催。 厳しい審査の結果、優勝は中根 庸介さん(東京都/京王プラザホテル メインバー ブリアン)に決定しました!

 

今回開催されたバーテンディング・チャレンジは3つのチャレンジで構成されました。
書類審査では「コアントロー・マルガリータ チャレンジ」と題し、今年がマルガリータ誕生70周年であることから、コアントローや自身の過去または未来を反映させたマルガリータを創作していただきました。厳しい審査を通過した9名のファイナリストが今回のステージに集結し、技を競いました。

 

LMC_11

最初に行われた「レミーマルタンXO チャレンジ」では、400種の原酒から成るレミーマルタン XOと自分自身を重ね合わせたプレゼンテーションを行いました。自身の可能性、個性、ヴィジョンを掘り下げながら、スピリッツと「人」の重要な関係性を表現していただきました。

LMC_11

 

続いて行われた「コアントロー・マルガリータ チャレンジ」では、書類審査を通過したカクテルを実際にステージ上で作成。クリエイティビティ溢れる9つのマルガリータが揃いました。

LMC_10

 

この2つのチャレンジから、トップ3を選出。奥西 敏宏さん(京都府/minibar/写真左)、齋藤 隆一さん(東京都/TRUNK (BAR)/同中央)、中根 庸介さん(東京都/京王プラザホテル メインバー ブリアン/同右)。
この3名の方が、最終審査、直前まで題材が明かされないシークレット・チャレンジへと進みます。
また惜しくも選を逃した6名の方もくじ引きでチームに分かれ、トップ3のサポートに回る形式がとられました。

 

LMC_2

このチャレンジのテーマは、La Maison Cointreau Asia Final 2018でアジアのバーテンダーが結集する「マレーシア」。レミーコアントローグループの価値観の最後のひとつ「テロワール」をふまえ、用意されたタブレットで気候、風土、文化、食材など、マレーシアについて調べながら、「それぞれの心に描くマレーシア」をカクテルに反映することが重要となりました。

カクテルのベースには、ブルックラディ蒸留所のウイスキー「ブルックラディ」「ポートシャーロット」「オクトモア」とプレミアムジンの「ザ・ボタニスト」、さらにコニャック「レミーマルタン」、バルバドス島産のラム「マウントゲイ」を使用することが条件となりました。

LMC_13

チーム内で情報収集、材料の選定、下準備、カクテルの構築などの作業を分担。制限時間内に試作を完成し、最終チャレンジのステージ上でそのカクテルを3杯製作しました。チームワークも審査の対象となる異例のチャレンジとなりましたが、才能あふれるバーテンダー同士が意見を交換しひとつのものを作り上げる、またとない体験の場ともなりました。

LMC2LMC3

3つのチャレンジを終え、チャンピオンの座を勝ち取ったのは、東京都/京王プラザホテル メインバー ブリアンの中根 庸介さん。

LMC_3


さらに、今回はファイナリスト同士で選ぶベスト・コミュニケーション賞も設定。グローバルな環境での活躍を期待するこの賞には、自身のプレゼンテーションやシークレット・チャレンジでのコミュニケーション力を評価され、京都府/minibarの山崎 美紅さん(同右)が輝きました。
LMC_5

アジア12か国から代表が集まり、マレーシアにて開催されるLa Maison Cointreau Asia Final 2018は、2018年10月22日(月) 〜 10月25日(木)の3日間。最新情報はFacebookのCointreau Japanページにてお知らせします。

 

La Maison Cointreau 2018 Japan Final 最終結果
優勝
 中根 庸介さん(東京都/京王プラザホテル メインバー ブリアン)
準優勝
 奥西 敏宏さん(京都府/minibar)
 齋藤 隆一さん(東京都/TRUNK (BAR))
ベスト・コミュニケーション賞
 山崎 美紅さん(京都府/minibar)

 

山根 庸介さんの創作カクテル
 

 

LMC_6
コアントロー マルガリータ・チャレンジ
<Cher Frere 〜親愛なる兄弟〜>
LMC_7
シークレット・チャレンジ
<Unified Teh Tiki>